ダービーまでの道のり

皐月賞の振り返り

更新日:

接戦を制したサートゥルナーリア

直線をむくとサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーの叩き合いで3頭が伸びてきた。

内を選択した戸崎騎手のダノンキングリーの伸び脚も目立ったが、外を回ってきた2頭の方が脚色が良かった。
サートゥルナーリアはゴール前はスタンドを気にして内にヨレるシーンがあったが、アタマひとつ抜け出して勝利。

上位3頭の力が抜けていた皐月賞だった。

各馬のポイント

皐月賞上位馬のレース内容と気になった点をまとめています。

サートゥルナーリア 1着

レース内容

休み明けだったものの、外厩調整できっちり仕上がっていた。

出たなりで中団から外目を進むと、3~4角から進出を開始。

直線で手前を替えるとさらに力強く伸びた。直線ではスタンドを気にして物見し、内にヨレるシーンもあったが、アタマ抜け出して勝利。無敗の4連勝でダービーへ駒を進める。

注目ポイント

過去に間隔が開いていた馬の成績は振るわず、凡走傾向がでていた皐月賞。ホープフルステークスからのぶっつけではローテ的に厳しかったはず。完全にダービーが本番に見すえたローテーションだったが、ノーザンファームの外厩調整のおかげでしっかりと乗り込まれ、ある程度仕上がっていた。ルメール騎手は100%のデキではないとコメントしていたが、今回休み明け2戦目のダービーで大きな上積みがあるかは疑問。

ヴェロックス 2着

レース内容

好位勢を見ながら外の揉まれないポジションでリズム良く追走。

勝負どころでの手応えも抜群で、勢いをつけて4角では先頭に立った。そのまま粘り込みを狙ったが内にヨレたサートゥルナーリアと接触。

アタマ差だっただけに不利がなければ可能性はあった。

注目ポイント

過去6戦を振り返っても負けた2戦はいずれも直線で不利があった。能力は相当なのでスムーズな競馬ができればダービーでも勝ち負けに期待できる。

出世レースとして名高い若駒ステークスを完勝しているが、ここで破った5着馬のリオンリオンは青葉賞を逃げ切り勝ちをしているようにレースレベルは高かった。

ダノンキングリー 3着

レース内容

やや行きたがるところをなだめつつ4番手で追走。
インベタで立ち回って直線に向かう。
僅かに開いたスペースを突くと、一瞬抜け出したかに見えたが、外を回ってきた2頭に交わされた。
必死に食らいついて僅差の3着。

注目ポイント

全体で上がりは3位だが、上位2頭との着差は僅差。4角では一度前が空くのを待つシーンもあり、仕掛けがワンテンポ遅れた。
さすがに全力で外から併せの馬の形で伸びてこられると分が悪い。広いコースかつ長い直線の府中では見直せる。
共同通信杯で見せた末脚を使えれば頂冠までありそうだ。

アドマイヤマーズ 4着

レース内容

3角手前あたりから徐々に進出し、直線で外へ出したが、抜けた2頭との差は詰まらず、離された4着。

注目ポイント

完全に距離がでたレースとなった、共同通信杯後にデムーロ騎手へ取材した際には、「(距離が)全然、無理!」といっていただけにマイルが限界なのだろう。

クラージュゲリエ 5着

レース内容

道中はヴェロックス、サートゥルナーリアとほぼ同じ位置で流れる。
4角で外に持ち出すも上位2頭とは脚色が違った。そこからジリジリと伸びて掲示板は確保。

注目ポイント

共同通信杯でダノンキングリーにつけられた0.8差から0.4差に短縮し好走したが、鞍上の乗り方が完ぺきだった。
ごまかしが効きにくい府中では厳しそう。

アドマイヤジャスタ 8着

レース内容

外枠からやや出負け気味にスタートすると内にポジションを取りに行った。
直線入り口で仕掛け始め馬群を縫いながら8着。

注目ポイント

不利な外枠に加え、出負けも響いた。
内を周りロスなく進めたが、直線入り口まで進路が無く仕掛けも遅れ気味に。
直線でも進路取りに苦労し、まともに終えたのは残り100mくらい。上がりはダノンキングリーと同じでスムーズならもう少し差は縮まっていたはず。

レース結果と払い戻し金

2019年 4月14日(日) 3回中山8日 天候 : 曇  馬場状態 : 良
【11R】 第79回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(国際)(指定) 芝 2000m 18頭立

馬 名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 通過順位 決手 上3F 体重 ± 調教師
12 6 サートゥルナーリア 牡3 57 ルメール 1.58.1 1 06-07-07-07 差し 34.1 496 -4 (栗)角居勝彦
7 4 ヴェロックス 牡3 57 川田将雅 1.58.1 4 05-05-04-04 先行 34.4 478 -4 (栗)中内田充
4 2 ダノンキングリー 牡3 57 戸崎圭太 1.58.1 3 ハナ 04-03-04-05 差し 34.5 450 -4 (美)萩原清
1 1 アドマイヤマーズ 牡3 57 M.デム 1.58.5 2 2 06-05-04-05 差し 34.9 470 -8 (栗)友道康夫
6 3 クラージュゲリエ 牡3 57 横山典弘 1.58.7 14 1 1/2 06-07-07-08 中団 34.7 490 +2 *(栗)池江泰寿
16 8 タガノディアマンテ 牡3 57 田辺裕信 1.58.9 15 1 1/4 16-16-15-10 中団 34.4 460 -4 (栗)鮫島一歩
11 6 ラストドラフト 牡3 57 シュタル 1.59.0 10  1/2 09-10-10-10 中団 34.8 452 0 (美)戸田博文
17 8 アドマイヤジャスタ 牡3 57 岩田康誠 1.59.0 11 16-16-15-14 後方 34.5 508 0 (栗)須貝尚介
14 7 ダディーズマインド 牡3 57 宮崎北斗 1.59.2 17 1 1/2 02-02-02-01 先行 35.8 478 -4 (美)青木孝文
10 18 8 ナイママ 牡3 57 柴田大知 1.59.3 18  1/2 14-14-17-14 後方 34.6 458 +8 (美)武藤善則
11 13 7 ブレイキングドーン 牡3 57 福永祐一 1.59.3 13 14-14-13-14 後方 34.9 498 0 (栗)中竹和也
12 10 5 シュヴァルツリーゼ 牡3 57 石橋脩 1.59.7 7 2 13-12-10-10 中団 35.5 478 -10 (美)堀宣行
13 3 2 ファンタジスト 牡3 57 武豊 1.59.7 5 10-07-07-08 中団 35.8 480 -4 (栗)梅田智之
14 2 1 サトノルークス 牡3 57 池添謙一 1.59.7 8 ハナ 10-12-13-14 後方 35.3 466 -6 *(栗)池江泰寿
15 9 5 メイショウテンゲン 牡3 57 三浦皇成 1.59.7 9 ハナ 18-18-17-18 後方 34.9 454 -4 (栗)池添兼雄
16 15 7 クリノガウディー 牡3 57 藤岡佑介 2.00.0 16 2 02-03-03-02 先行 36.5 488 -6 (栗)藤沢則雄
17 8 4 ニシノデイジー 牡3 57 勝浦正樹 2.00.1 6  3/4 10-10-10-10 中団 35.9 486 -10 (美)高木登
18 5 3 ランスオブプラーナ 牡3 57 松山弘平 2.00.8 12 4 01-01-01-02 逃げ 37.4 468 +6 (栗)本田優

LAP 12.3-10.5-12.0-11.8-12.5-12.1-12.2-11.7-11.6-11.4
通過 34.8-46.6-59.1-71.2  上り 71.5-59.0-46.9-34.7  平均 1F:11.81 / 3F:35.43
単勝  12 \170
複勝  12 \110 / 7 \200 / 4 \160
枠連  4-6 \670 (3)
馬連  07-12 \950 (3)
ワイド 07-12 \360 (3)/ 04-12 \270 (2)/ 04-07 \660 (5)
馬単  12-07 \1140 (3)
3連複 04-07-12 \1480 (2/816)
3連単 12-07-04 \4390 (5/4896)

-ダービーまでの道のり

Copyright© 日本ダービーガイド , 2019 All Rights Reserved.