日本ダービー出走馬分析

日本ダービー出走馬分析

更新日:

ロジャーバローズ

▽父 ディープインパクト
▽母 リトルブック
▽馬主 猪熊広次
▽調教師 角居勝彦
▽5戦2勝

前走は先行して粘り込み。前々走はイレ込みが激しく大敗を喫したが、前走は落ち着いていた。スローの切れ味勝負は分が悪いが、マイペース叶えば。輸送が課題。

ヴィント

▽父 モンテロッソ
▽母 シャッツ
▽馬主 平山靖
▽調教師 千田輝
▽8戦2勝
抽選を突破しての参戦。距離は持ちそうで調教の動きもソコソコ。内枠の利を生かしてどこまで。

エメラルファイト

▽父 クロフネ
▽母 セトウチソーラー
▽馬主 髙橋勉
▽調教師 相沢郁
▽6戦3勝
右前ねんざのため皐月賞を回避。順調さを欠いているがレースごとに内容は良化。距離延長は歓迎のクチではないが、折り合いがつく馬ではある。

サトノルークス

▽父 ディープインパクト
▽母 リッスン
▽馬主 (株)サトミホースカンパニー
▽調教師 池江泰寿
▽5戦3勝
前走はスタートダッシュがつかず、ポジションが悪くなってしまった。その前の3連勝はケチがつけようのない競馬だけに広いコースの東京で見直したい。

マイネルサーパス

▽父 アイルハブアナザー
▽母 マイネアクティース
▽馬主 (株)ラフィアン
▽調教師 高木登
▽6戦2勝
抽選を突破しての参戦。きんもくせい特別の勝利から掲示板外が続いたが、4年前にきんもくせい特別を勝利したコメートがダービー5着に健闘していることからまったくノーチャンスとはいえない。

サートゥルナーリア

▽父 ロードカナロア
▽母 シーザリオ
▽馬主 キャロットファーム
▽調教師 角居勝彦
▽4戦4勝

ディープインパクト以来、無敗の2冠馬を目指すサートゥルナーリアは兄がエピファネイアでジャパンカップ、母シーザリオがオークス制していることから、東京芝2,400mの舞台適性は抜群。皐月賞からの上積みも見込めるダービーを狙ったローテーションにも好感が持てる。懸念事項としては、レーン騎手へ乗り替わりだが、NHKマイルカップで自身16回目のG1勝利したように大舞台での活躍が目立つ。

ダノンキングリー

▽父 ディープインパクト
▽母 マイグッドネス
▽馬主 (株)ダノックス
▽調教師 荻原清
▽4戦3勝

皐月賞では仕掛けのタイミングが一歩遅れたこ節もあるものの3着に健闘したダノンキングリー。4着馬のアドマイヤマーズがその後NHKマイルカップを勝利しているように能力は証明済み。ディープインパクト×ストームキャットの配合は13年ダービー馬のキズナと同じ配合。ただし、兄弟馬は短距離に良績が集中しており2,400mへの延長をこなせるかが課題。

メイショウテンゲン

▽父 ディープインパクト
▽母 メイショウベルーガ
▽馬主 松本好雄
▽調教師 池添兼雄
▽7戦2勝
キレ味よりも長く良い脚を使うタイプで少しズブい面もあるため高速決着は厳しい。雨が降って時計がかかれば。

ニシノデイジー

▽父 ハービンジャー
▽母 ニシノヒナギク
▽馬主 西山茂行
▽調教師 高木登
▽7戦3勝
東スポ杯2歳ステークスでは皐月賞2着馬のヴェロックスに先着。前走は1コーナー過ぎから掛かってしまい17着に大敗。負けすぎの感は否めないが、決めて上位で、折り合い一つで距離はこなせる。

クラージュゲリエ

▽父 キングカメハメハ
▽母 ジュモー
▽馬主 (有)キャロットファーム
▽調教師 池江泰寿
▽5戦2勝

皐月賞5着、共同通信杯3着と相手なりに走って崩れないのが強み。持ち味の末脚は東京の長い直線向きであることは間違いない。以前に比べてイレ込みがマシになり、精神的な成長も伺える。

レッドジェニアル

▽父 キングカメハメハ
▽母 レッドアゲート
▽馬主 (株)東京ホースレーシング
▽調教師 髙橋義忠
▽5戦2勝
京都新聞杯では上がり最速の脚を使って差し切り。ダービーへの切符をつかみ取った。間隔は詰まっているが中間の状況も好感。初めての輸送と精神的な成長が課題か。

アドマイヤジャスタ

▽父 ジャスタウェイ
▽母 アドマイヤテレサ
▽馬主 近藤利一
▽調教師 須貝尚介
▽6戦2勝
前走はスタートが遅い馬だけに17番枠がかなり応えた。それでも直線では脚を使いヴェロックスからは0秒1差と好走。距離不安は無いが、スピードよりもタフな馬場向きなだけにどうか。

ヴェロックス

▽父 ジャスタウェイ
▽母 セルキス
▽馬主 金子真人ホールディングス(株)
▽調教師 中内田充正
▽6戦3勝

レースを重ねるごとに道中の折り合いがスムーズになっていっているヴェロックス。前走は加速し始めるタイミングで勝ち馬に馬体をぶつけられる不利。しかしそこからもうひと伸びし差し返そうとした根性は目を見張るものがある。ジャスタウェイ産駒であることから距離は不問。中内田×川田ペアは今年すでに重賞を5勝している勢いのあるコンビにも注目だ。サートゥルナーリアより前目で流れに乗れれば皐月賞でつけられたアタマ差は巻き返せる。

ランフォザローゼス

▽父 キングカメハメハ
▽母 ラストグルーヴ
▽馬主 窪田芳郎
▽調教師 藤沢和雄
▽4戦1勝
祖母がアドマイヤグルーヴと一流の良血。東京の2,400mの適性は間違いなく、伯父のルーラーシップと似ている配合にも好感が持てる。青葉賞を叩いた上積みにも期待できる。ただ晩成型血統である面もあり、本格化はもう少し先の可能性が。

リオンリオン

▽父 ルーラーシップ
▽母 アゲヒバリ
▽馬主 寺田千代乃
▽調教師 松永幹夫
▽8戦3勝
横山騎手が手綱を取ってから丁寧に競馬を教え込んできた。大寒桜賞で逃げに脚質を変えると連勝で青葉賞を制覇。横山典弘騎手が騎乗停止で乗れなくなるのが気がかり。

タガノディアマンテ

▽父 オルフェーヴル
▽母 タガノレヴェントン
▽馬主 八木良司
▽調教師 鮫島一
▽7戦1勝
皐月賞の後に京都新聞杯を使い、強行軍となるが以前より体質が強化されなんとかこなせそう。父も母父もダービー馬。

ナイママ

▽父 ダノンバラード
▽母 ニシノマドカ
▽馬主 岡田繁幸
▽調教師 武藤善則
▽10戦2勝
札幌2歳ステークスを最後に掲示板を外れていたが、前走で4着と復調の兆しがみられた。良化中。

シュヴァルツリーゼ

▽父 ハーツクライ
▽母 ソベラニア
▽馬主 (有)サンデーレーシング
▽調教師 堀宣行
▽3戦1勝
前走は流れに乗れず、経験の差が出た。キャリア2戦で弥生賞2着と素質を秘める。広い東京コース向きなのも好感。

-日本ダービー出走馬分析

Copyright© 日本ダービーガイド , 2019 All Rights Reserved.